歯医者が大事な理由とは!?

歯周病と心臓や脳との関係を理解しよう

歯周病にならないようにしっかりとオーラルケアをするということは知られていることです。
歯周病になると歯を失うことにつながるだけではなく、実は心臓や脳に悪い影響がある可能性があるため注意する必要があります。

心臓を気にする男性歯周病と言ってもどのような病気か知らない人も多いです。
歯周病の初期は殆ど痛みはなく、歯茎が腫れたり歯みがきの時に出血する程度なので放置する人もいます。
放置して対応していないと症状は進行して歯を支える歯茎やその周辺の組織が炎症を起こして悪化すると歯槽骨が溶けて歯を失ってしまいます。
原因菌となるのがプラークです。
プラークは病原菌の固まりで、プラークが溜まってしまうと病原菌の酵素や毒素などで歯周が炎症を起こして、歯の歯茎の隙間に歯周病菌が増殖して、炎症は歯槽骨までに達してしまい、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は歯が抜けるだけではなく、他の病気とも関連があることがわかっています。
糖尿病になると細菌に対する免疫力が低下するため歯周病は悪化することは知られていますが、心筋梗塞などの心臓疾患や呼吸器疾患、糖尿病などになりやすいこともわかっています。
心臓疾患では歯周病の病原菌が血管を通り心臓に移動し、血管壁に炎症を起こすと炎症部分が動脈硬化を起こして狭心症や心筋梗塞などを引き起こすことにつながります。

脳梗塞や狭心症や心筋梗塞、動脈硬化などの原因となるのはアテローム血栓症で、これは酸素や栄養を運ぶ太い動脈の中で血栓ができることで起こります。
この血栓を作る危険因子は喫煙、高コレステロールなどの他に歯周病などの細菌感染もあります。
細菌感染では原因菌から遊離された内毒素が歯茎から血管に入って血管内に炎症を起こして血栓を作って詰まってしまいます。
脳血管疾患にも影響しています。
脳梗塞などの脳血管疾患を患っている患者は歯周病菌に感染している割合が高いです。
血液に乗って原因菌が全身をめぐり詰まることで、脳梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こすことにつながります。

歯周病は、歯が抜けるだけではなく、心臓疾患や脳血管疾患などにつながることがあります。
これらの他にも誤嚥性肺炎や妊娠している場合には早産や低出生体重児等の妊娠トラブル、関節リウマチなどを引き起こす場合もあります。
予防するためには原因菌となるプラークを除去することが重要です。
毎日丁寧にブラッシングをすることはもちろんですが、それだけでは完全に除去することができないため歯科医院で定期的にプラークを取り除くメンテナンスも併せて行う必要はあります。
すでに歯周病になっている場合には、早急に歯科医院を受診してレーザー治療などの治療をすることが健康維持のためにも必要なことです。