歯医者が大事な理由とは!?

歯周病と骨粗鬆症の関係を理解しよう

歯茎が腫れて傷んだり膿が出ることもある歯周病は文字の雰囲気からも歯や歯茎に限定された疾患という印象がありますが、実は骨粗鬆症と深く関係しておりどちらかと言えば骨の病気に分類されます。
歯周病は進行すると歯茎の下で歯を支えている歯槽骨と呼ばれる骨が溶けてしまうため、顎の骨にまで影響を与えることになります。
顎をおさえる男性歯周病は骨粗鬆症によって悪化が促進されやすいことから、閉経後に骨量が減少することで発症する閉経後骨粗鬆症の女性は歯周病を進行させてしまうリスクが高いと考えられています。

閉経によって起こる閉経後骨粗鬆症は、女性ホルモンの一種エストロゲンの急激な分泌低下が原因で起こり全身の骨密度の低下を招くことから歯槽骨を含め顎の骨の骨量も減少してしまいます。
エストロゲンは骨の新陳代謝にも関係する働きを担っており、骨の代謝をゆっくり行わせるために骨からカルシウムが溶け出すのを抑えて骨密度の低下を防ぎます。
エストロゲン量の極端な欠乏は骨粗鬆症の進行に直結してしまうことになります。
一般的に男性よりも丁寧に歯のブラッシングを行い口内の清潔を心掛けている女性のほうが歯周病になりやすい要因の一つです。

食後の丁寧なブラッシングは歯や歯茎の健康を守るために非常に重要ですが、しっかり行うあまりに歯茎から出血してそこに細菌が繁殖して炎症が起こり歯肉炎から重い歯周病になることも少なくなくありません。
すでに閉経後骨粗鬆症に罹患している人の場合は歯槽骨などの骨密度の低下が加速しているために歯肉炎の炎症が進行して歯周炎になり、歯槽骨にまで影響が及んで骨が溶け始め、ついには歯を損失する事態に陥ってしまいます。

エストロゲン欠乏による骨密度低下が歯周病の悪化を招くことは閉経後の女性の誰もが抱えるリスクということで、歯周病発症を防ぐことが何より重要になります。
ブラッシングが逆に歯茎を傷つけて歯肉炎のきっかけになりやすいため、歯ブラシは柔らかめのものを使いデンタルフロスも併用すると良いとされています。
デンタルリンスを活用して口内の清潔を保ったりすることも予防に役立つとされます。
それでも落とし切れない歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を定期的に歯科で除去してもらうことが最も大切です。
歯周病は歯茎に痛みがあるだけで歯は大丈夫と歯科をなかなか受診しない人も居ますが、見えないところで顎の骨まで溶かす恐ろしい病気であることを認識しましょう。
気になる症状があった際はすぐに受診するほうが悪化を防ぐことが出来ます。